売却相談・市場調査・価格提案

〇不動産売却・査定の基本

不動産の売却を行う上で、法律に基づいた処理や税金など様々な費用が発生する為、不動産会社の専門的なサポートが必要不可欠となります。

不動産査定をする上でも詳細な物件情報が必要になり不動産会社の知識が必要となります。

不動産査定をご検討されている場合でございましたら、希望査定額や売却時期など詳細な情報や権利関係・境界の確認やローン残金がわかる書面ををご用意していただけますとスムーズに査定が進みます。

 

〇不動産の市場把握

不動産売却の価格はどのように決まっているのでしょうか。

不動産査定では査定物件の築年数や査定物件周辺の不動産売買事例、査定物件の管理状況、査定物件の希少性などのあらゆる観点を考慮することで不動産査定額を決定します。当社では無料サービスにて、不動産売却査定を承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

媒介契約について

〇媒介契約とは

 

不動産の売却依頼を行う場合、媒介契約を行うことが法律で義務付けられています。

媒介契約には3つの種類があります。


①専属専任媒介契約

売却を行う仲介業務を1社の不動産会社にのみ依頼する契約で、他の不動産売買会社に重ねて不動産仲介を依頼することは契約で禁じられています。また、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)についても、依頼した不動産会社を通して取引することが、契約で義務づけられています。
このように、専属専任媒介契約は、不動産売却活動の全般を1社に任せる契約です。ただし、専属専任媒介契約は依頼者に対して拘束力の強い契約ですので、専属専任媒介契約で売買仲介依頼を受けた不動産会社の仲介業務については、いくつかの法規制があります。

 

②専任媒介契約

専属専任媒介契約とほぼ同様の契約ですが、自分で見つけてきた買主(親戚や知人と直接交渉した場合など)とは、売却を行う不動産会社を通すことなく売買の契約をすることができます。

 

③一般媒介契約

複数の不動産会社に同時に不動産売却の仲介を依頼することができる契約で、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)とも、不動産会社を通すことなく売買契約することができます。ただし、最終的には、どの不動産会社を通して取引を進めるかを決めることとなります。一般的には、有力な購入希望者を紹介した不動産会社と取引を進めることが多いようです。

 

当社の不動産査定価格にご納得いただけた場合、物件査定後に媒介契約の締結を行います。